グラヴィティヨガとは?気になる2つの効果と習得方法で健康を手に

スポンサーリンク

「グラヴィティヨガ」というのをご存知ですか?名前の通り、ヨガの種類の一つなのですが、今、「癒し効果No.1」といわれていて、注目を集めているのだそうです。そんなグラヴィティヨガについて、まとめてみたので、ヨガを始めたい方や、ご自分に合ったスタイルのヨガをお探しの方は、是非、参考にしてみてください。

グラヴィティヨガについて

最近、癒しのヨガとして「グラヴィティヨガ」が、リラックスできると人気のようです。体を動かして行うヨガや、高温・多湿の環境でポーズを行うホットヨガと、並んで浸透しつつある、グラヴィティヨガについて、詳しくまとめてみました。

忙しい毎日や、ストレスを感じる現代社会に、リラックス効果のある、グラヴィティヨガが注目を集めているようです。

スポンサーリンク

グラヴィティヨガとは

「グラヴィティヨガ」とは、ヨガ本来の考え方を大切にながら、身体的・精神的なストレスを、「自重=グラヴィティ」によって緩めるヨガだそうです。そんなグラヴィティヨガの特長や、普通のヨガとの違いなどについてご紹介します。

グラヴィティヨガの特長

グラヴィティヨガは、リラックスを目的としたヨガで、自重を利用して身体的・精神的ストレスを緩め、体のメンテナンスを行う特長があるのだそうです。特に、運動不足や体の硬い方、高齢の方など、どなたでも気軽に参加できるヨガとして人気を集めているようです。

日常生活やデスクワークなどで、緊張してこり固まった筋肉を、ゆったりとした呼吸で、自重によって緩めたり、関節の可動域を広げます。そうすることで、骨格を整えることにもつながり、また、健康的な姿勢を保つための、筋力作りにも効果的なのだそうです。

普通のヨガとの違い

普通のヨガは、体をたくさん動かして筋肉を伸ばしたりして、ポーズを取ることが多いですよね。そんなヨガの中でも、グラヴィティヨガの場合は、自信の重みや、重力に身をゆだねることで、自然と体の緊張がほぐれて、筋肉の緊張などから解放される効果を得ることを目的としているのだそうです。

ボルスターやベルトなどの補助用具を使用して、ヨガのポーズをより効果的に、また、正確に骨格を整えながら、ボディメンテナンスを行うヨガスタイルが、グラヴィティヨガなのだそうです。ボルスターは、ヨガで使用するクッションのようなものなのですが、なければバスタオルを4~5枚巻いたものなどでも代用できます。

グラヴィティヨガの効果

丁寧な呼吸を大切にしながらポーズを行うグラヴィティヨガは、無理をせず、心地よい感覚を大切にしているため、継続性の高いヨガとして、全国に広まりつつあるのだそうです。そんな、ブラヴィティヨガの効果について詳しくご紹介します。

リラックス効果

グラヴィティヨガには、リラックス効果が非常に高いといわれています。ボルスターに身を任せて、全身が脱力している状態でヨガのポーズを取ることで、緊張した筋肉が緩やかに伸ばされながら、リラックス効果が得られるのだそうです。

また、正しい呼吸法を意識しながら行うので、血液・リンパ液・脳脊髄液などの流れが良くなる効果もあるそうです。これらのように、体の不調を取り除いてくれる効果があるので、まるでマッサージを受けているような心地よさがあると人気のようです。

ダイエット効果

グラヴィティヨガは、胸を開いたり、背中を丸めたり、体を捻ったりと、体のアンバランスを修正して整えるポーズを行うのだそうです。このことによって、姿勢の矯正や体の歪みなどの修正、関節の可動域が広がるといわれていて、痩せやすい体になるのだそうです。気持ちよくリラックスしながら、ダイエット効果も期待できるのは嬉しいですよね。

スポンサーリンク

グラヴィティヨガの習得方法

グラヴィティヨガは、ご自宅でも簡単に行うことが出来ます。ポーズが分かりやすく解説されている本やDVDなどもあるそうです。他にも、本格的にインストラクターから習うこともできるそうです。そんなグラヴィティヨガの習得方法をご紹介します。

動画で学ぶ

動画やDVDを見ながら、グラヴィティヨガを行うこともできるそうです。普通のヨガとは違って、難しいポーズが少ないので、無理なくご自分のペースで、リラックスしながら行いましょう。ヨガを始めたいけど、難しそうと思っている方や、産後ダイエットを考えているという方にオススメです。

本で学ぶ

DVDや動画の他にも、グラヴィティヨガの本で学ぶこともできるようです。芸能人の間でも、産後ダイエットとして、グラヴィティヨガで痩せたと話題になっているので、これからどんどん人気が集まってくるかもしれませんね。

動画で学ぶときもそうですが、ご自分でヨガを行う時は、無理をして筋肉や筋を痛めたりしないように気を付けましょう。

インストラクターから学ぶ

グラヴィティヨガは、カルチャースクールや、ヨガ教室、ティップネスなどのフィットネスクラブで、インストラクターから学ぶことが出来るのだそうです。優しく触れられることで「手当て」のような癒しの効果があるタッチケアや、安全なアジャストメントによって、指導してもらえるので、ご自分で行うよりも、よりリラックス効果が得られるのも良いですね。

インストラクターになるには

グラヴィティヨガのインストラクターになるには、養成コースで学ぶ必要があるそうです。気になる講義の内容や、どのくらいの費用や期間がかかるのかについて、調べてみました。インストラクターになることをお考えの方は、是非、これらを参考にしてみてください。

実技と座学を学ぶ

インストラクターになるには、グラヴィティヨガを習得する養成コースで、実技と座学を学ぶのだそうです。一般的なヨガの知識はもちろん、ヨガのポーズを取ることで、筋肉や骨格などの解剖学との連動性を学ぶことが出来るそうです。

内容としては、メイン講義が実技となるそうです。特に、寝ポーズが中心のグラヴィティヨガは、目を閉じて行うことがほとんどになってくるのだそうです。そのため、ご自身の内側に意識を向けて、リラックスしながらもインストラクションが理解できるように、伝え方や言葉選びなどを大切に、心地良く・明確に誘導する力を身につけることができるのだそうです。

また、コミュニケーション理論や、カウンセリングテクニックなどの座学からは、メンタルケアを通じて、リラックスできるようにサポートすることも学べるのだそうです。

かかる費用・期間

インストラクターになるためにかかる費用は、大体220,000円~だそうで、資格取得期間は、約3ヶ月ほどなのだそうです。また、これらの費用や期間などは、地域や受講内容によって異なるそうです。もし、インストラクターになりたいとお考えの方は、スタジオやスクールなどを調べて、パンフレットや資料を取り寄せて、検討してみるのが良いでしょう。

グラヴィティヨガ協会

グラヴィティヨガのインストラクター養成コースがある、「グラヴィティヨガ協会」は、東京・大阪で開催しているそうです。ここでは、先ほどご紹介した実技と座学を学ぶことで、安全で的確な指導を行う技術を身に付ける事が出来るのだそうです。また、きめ細かいサポートで、心身共に癒すことのできるインストラクターを目指せるそうです。

また、対象者は、ヨガインストラクター資格をお持ちの方、または、同等の知識を有する方が条件なのだそうです。

ヨガで健康に!

グラヴィティヨガについて、いろいろとご紹介してきましたが、いかがでしたか?最近では、「ヨガ」といっても、いろんな種類のヨガがたくさんありますよね。ですが、どんなヨガでも、ご自分の内側から元気になるために行うということは共通しています。毎日を健康に過ごすために、ヨガを始めてみるのも良いですね!

スポンサーリンク