顔にできたぶつぶつがとても気になる!ニキビを上手に隠す方法とは

スポンサーリンク

ニキビができていたり、ニキビ跡が残っている時、「上手に隠したい!」と思う方は多いようです。人に会う時にはもちろん、外出する時にニキビができていると人の視線が気になってしまうこともありますよね。しかし、残念ながらニキビはすぐには治りません。そこで、今回はニキビを隠す方法について、またできてしまっているニキビ跡の改善方法などをご紹介していきたいと思います。

人の視線が気になる!ニキビを隠す方法とは

大事な日の前に限ってニキビができてしまった!という経験をお持ちの方は多いでしょう。人の視線が気になってしまうけど、仕事や学校を休むわけにはいかないし、予定を全てキャンセルする訳にもいきません。そんな時にはどうすれば良いのでしょうか?

部位にもよりますが、実はニキビを隠す方法はいくつかあるようです。そこで、今回はニキビを隠す方法について、またできてしまっているニキビ跡の改善方法などをご紹介していきたいと思います。万が一ニキビができてしまった時に、上手にニキビを隠す方法を知っているときっと安心できるはずです!

スポンサーリンク

ニキビを隠す簡単な3つの方法

ニキビは刺激しない方が良いというのは周知の事実です。しかし、どうしてもやむを得ない場合、どのようにしたらニキビを隠すことができるのでしょうか?まずは、その方法についてご紹介していきたいと思います。

髪形をアレンジしてニキビを隠す

一番手っ取り早い方法としては、髪型をアレンジすることでニキビを隠すことができます。ニキビができているのがおでこの場合には普段は前髪をアップにしている方は前髪を下ろすだけでも、ニキビが見えなくなりますので目立ちません。また、セミロングやロングの方の場合、耳に近い頬のニキビも髪で隠すことはできます。

髪でニキビを隠すのは道具も何も要らないため手軽にできますが、前髪の間からチラ見えしてしまうため、セットは念入りにすることが大切です。

マスクなどの小物を使う

マスクやシール、テープなどの小物を使ってニキビを隠すというのも有効です。特に、最近では伊達マスクという、特にマスクをつける理由はなくてもおしゃれとしてマスクをつけることも流行っていますので、少し大きめのマスクを付けてしまえば鼻、頬などのニキビは完全に隠せます。

日焼け防止にもなるため、メイクをしなくて出かけたとしても大丈夫です。あまり気合いが入った予定でないのであれば、これで凌ぐことができます。しかし、お茶をしたりランチをする時にはご飯を食べる際にマスクを外さないといけないため、そう言った場所に出かける時には注意が必要です。

コンシーラーなどメイクで隠す

普段お化粧をしない男性には使えませんが、女性にとって心強いのがメイクでニキビを隠す方法です。ファンデーションでも隠すことができますが、より効果があるのはコンシーラーがおすすめです。特におすすめは、リキッドタイプでカバー力が高いコンシーラーを選ぶようにしましょう。

コンシーラーはクマやシミを隠すことにも効果的ですが、広い範囲で使用することもできますので万能です。しっかりと隠してしまいましょう。

デコボコしたニキビ跡を消す3つの方法

すでにできてしまったニキビ跡がなかなか消えずに悩んでいる方も多いでしょう。肌のデコボコが気になって、ついついメイクが厚くなってしまい、また新たなニキビができてしまうという悪循環にも陥りやすいです。そこで、ニキビ跡を消す方法をご紹介していきたいと思います。

スキンケアは化粧水前が肝心!

ニキビ跡は肌を正常にターンオーバーさせる必要があります。そのためには、ターンオーバーの周期が乱れてしまった肌に化粧水を浸透させるため、化粧水の前に肌を整えるスキンケアをしっかりと行うことでしょう。化粧水が皮膚への浸透することを阻んでしまっている角質を浸透しやすくするために、ブースターや導入液を使ったり、角質や汚れを落とす洗顔を使うということも大切です。

ピーリングをする

ピーリングとは、ターンオーバーの乱れによって古い角質が溜まり毛穴が詰まっている状態を改善させるためのものです。医療機関でもケミカルピーリングなど、酸を使って老廃物を溶かしてくれる方法がありますし、市販で販売されているピーリング剤などもニキビ跡に効果があるものもあります。

しかし、ピーリングはあくまでもニキビを予防するものであって、ニキビの治療ではないとされていますので、根本的な原因を見つけて改善していくことが何より大切でしょう。

ひどいニキビ跡は皮膚科に行くのが良い

赤や茶色のニキビ跡は時間が経つごとに薄くすることはできますが、デコボコになってしまったクレーターのニキビ跡はなかなか自分では治すことが難しいとされています。そのため、皮膚科や美容皮膚科で治療をしてみるということも選択肢に入れてみても良いでしょう。

皮膚科で治療すると治療費はかかってしまいますが、最新治療であれば治らないと言われている重度のクレーターも目立たない程度にまで治せるようになっているようです。悩んでいる方は一度相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

ニキビを根本的に治す3つの方法

ニキビは上記でご紹介した方法で隠すことができますが、ただ隠しているだけではニキビは治らずに悪化してしまうこともあります。そのため、根本的にニキビを治すことが大切です。そこで、ニキビを治す方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

ニキビ薬を塗る

ニキビができてしまった時、皮膚科などに行くとニキビ専用の薬を処方してもらえます。また薬局やドラッグストアなどでもニキビに効くとされる塗り薬というのは、たくさん販売されていますので、薬を利用して治してみても良いでしょう。

ニキビは悪化しない前に早急に治すことが一番です。次にご紹介しますが、ニキビに薬を塗ってその上から絆創膏を貼り、他のものに触れないようにしてもニキビ改善に繋がるようです。

赤ニキビには絆創膏を貼る

ニキビには赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビといくつか種類がありますが、種類によっては絆創膏を貼ることでニキビが治りやすくなると言う説があります。

絆創膏をニキビに貼ると、ニキビが何かに触れるのを防止することができます。特に就寝時には寝返りの際に枕にこすりつけてしまうことを防げます。しかし、注意が必要なのが、絆創膏を貼って治すことに適しているのは赤ニキビのみだとされています。赤ニキビはアクネ菌が繁殖してしまって炎症を起こした状態を言いますが、炎症を抑えるために絆創膏を利用して早めに炎症を鎮めるようにしましょう。

肌を清潔に健やかに保つ

ニキビを根本的に治す方法としては、肌を清潔に健やかに保つことが一番です。特に、学生時代に多い思春期ニキビは新陳代謝も盛んですので、ニキビも悪化しやすくなってしまいます。

ニキビを治すためにはまず、正しい洗顔をするようにしましょう。たっぷりの泡でゴシゴシこすらずに優しく洗うようにしてください。また、すすぎは念入りにするようにしましょう。1日に何度も洗ってしまうと皮脂が過剰分泌されてしまう可能性もあるため、朝・晩の2回しっかりと洗うようにしましょう。そして、スキンケアをしっかりと行うことが肝心です。

ニキビは隠すことができても悪化してしまう

いかがでしょうか?ニキビを隠す方法は様々ですが、女性であればメイクによってニキビを隠すことができるとなるとついつい利用してしまいますよね。しかし、注意が必要なのは、ニキビを隠すようなことをすると悪化してしまうということです。ニキビは触らないに越したことはありません。そのため、髪やマスク、メイクで隠したとしても、ニキビは進行してしまうでしょう。

大切なことは、根本的にニキビができにくい肌質に改善するということです。肌のターンオーバーを正常にするために、規則正しい生活、栄養のバランスの良い食事を取って、ぜひニキビのできにくい肌を作ってくださいね。

スポンサーリンク