乾燥肌でもニキビが出来た!?正しいケア方法を知ってうる肌を目指す

スポンサーリンク

乾燥肌とニキビは無縁と思っていませんか?乾燥肌の人でもニキビができてしまう可能性があるのです。乾燥肌だからと油断していては危険!乾燥肌のニキビを予防する方法や、乾燥肌のニキビの正しいケア方法を紹介しますので、正しくケアをして乾燥肌もニキビも撃退してしまいましょう。

乾燥肌の人のニキビとは?

乾燥肌なのにニキビができてしまう、と悩んでいませんか?乾燥肌とニキビは実は無縁ではありません。乾燥肌の人にニキビができてしまうのにはいくつかの原因があるのです。原因を知って乾燥肌とニキビを改善しましょう!

スポンサーリンク

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

ニキビと言えば皮脂に関連していて乾燥肌とは関係のないことと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。乾燥肌だからこそニキビができてしまう原因があるのです。乾燥肌タイプの人にニキビができる原因とは一体なんなのでしょうか?

毛穴が詰まる

乾燥肌タイプの人は、肌のもともとの皮脂分泌量と水分量が少ない傾向にあります。皮脂量と水分量が少ないため、どうしても肌がかさついてしまい辛い乾燥に悩まされることも少なくありません。

肌が乾燥していると肌は紫外線や外部の刺激から肌を守ろうとし、角質部分が厚くなります。このため、乾燥肌の人の肌は角質が厚く肌がごわついてしまうことによって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まるとそこで炎症が起こりやすくなり結果ニキビができてしまうのです。

免疫力が低下する

肌には皮膚を守る免疫システムが備わっていて、その免疫機能によって外部からの刺激や異物から肌を守っています。実は肌が乾燥することによって皮膚の細胞が破壊され免疫力が低下してしまうのです。

肌が乾燥し皮膚の免疫力が低下すると肌トラブルに対しての抵抗力が弱まります。免疫システムが正常に機能している時には現れないニキビトラブルなどがこの時起こりやすくなります。

乾燥肌の人の正しいニキビケアとは?

肌の状態や肌のタイプによってそれぞれするべきニキビケアは異なってきます。乾燥肌のニキビに悩んでいる人向けのニキビケアを紹介しますので、正しいケアを心がけましょう。

保湿をしっかりとする

まずはしっかりと保湿すること、これが一番重要と言えるでしょう。乾燥肌の人はもともと肌の水分量が少なくそのため皮膚の免疫力も低下していて外部からの刺激に弱い状態になってしまっています。乾燥している肌を改善するために保湿はしっかりとしましょう。

化粧水はこすらずたっぷりと手のひらにとって優しく押さえるようにして満遍なく肌に馴染ませましょう。洗顔後に水分がついた状態で顔を放置しておくと水分と一緒に肌の水分も蒸発してしまう可能性がありますので、洗顔後は速やかに保湿するようにしましょう。

乾燥やニキビがひどい場合には必ずしも乳液や美容液を塗らなくてもいいですが使用する場合には、乾燥肌や敏感肌用の低刺激の乳液などを選んで化粧水後に肌になじませるように浸透させるといいでしょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れると肌にトラブルが現れやすくなります。女性は特に生理がある関係で一ヶ月中に様々なホルモンがかわるがわる分泌されるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスが崩れる原因にはストレス、睡眠不足、不規則な食事などが考えられます。バランスの取れた食事に十分な睡眠を心がけましょう。

また、適度な運動はストレス解消にも役立ちますし運動をすることで自律神経のはたらきが活発化されホルモン分泌を整える効果が期待できます。ウォーキングやジョギング、ヨガなど無理のない程度に体を動かす習慣をつけるといいでしょう。

正しい方法で洗顔をする

乾燥肌とニキビトラブルがある肌はとてもデリケートな状態になっています。洗顔する際には肌を極力刺激しないように気をつけましょう。特に肌が乾燥している状態では肌が摩擦に敏感になっています。洗顔料をつけた状態でも強く擦ることは避け、しっかりと泡立てた泡で表面を泡でなでるように優しく洗ってください。

洗顔料を洗い流す水の温度にも注意が必要です。熱めのお湯は肌の乾燥を悪化させてしまう可能性もありますので30度前後のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

スポンサーリンク

乾燥肌のニキビ洗顔!正しい方法とは?

知らず知らずのうちに乾燥肌を悪化させるようなスキンケアをしてニキビを悪化させていませんか?肌タイプに合った洗顔方法を心がけるだけで肌の調子が良くなることもあります。あなたの洗顔方法、一度見直してみましょう。

朝は洗顔料を使わずに洗顔する

ニキビが出来てしまった時には何となく洗顔料をしっかりと使って朝、晩と洗顔したほうがいいと思ってしまいがちですが、乾燥肌のニキビには逆効果の場合があります。

朝も洗顔料を使って洗顔すると、必要な肌の油分まで落としてしまうことがあります。乾燥とニキビのトラブルが見られる時には朝は洗顔料無しでぬるま湯などで軽く洗顔する方法を試してみましょう。

肌を乾燥させないように洗顔する

乾燥肌の人はまず、メイク落としとしてオイルやジェルなどの油性タイプのクレンジングや肌に摩擦を与えるふき取りタイプのクレンジングの使用は控えたほうがいいかもしれません。肌に必要な油分まで落としてしまう可能性があるからです。

クリームタイプや水性・アルコールフリーのジェルタイプのクレンジングを使うようにし、乾燥を防ぎましょう。洗顔料についても泡立ちが良く弱アルカリ性タイプの洗顔料を選び肌を極力乾燥させずに洗顔できるよう心がけましょう。

ピーリングは控える

ピーリングとは、たまってしまった古い角質を人工的に落としターンオーバー機能を正常に戻すことを言います。乾燥肌でニキビができている場合は古い角質層がたまっているわけではなく、水分が少ない肌を守ろうと角質が厚くなり防護壁を作っている状態ですのでピーリングをしてしまうと逆効果になる可能性があります。

肌が乾燥していてニキビができてしまっている状態ではピーリングは控えたほうが懸命と言えるでしょう。

乾燥肌のニキビを予防するためには?

乾燥肌のニキビ、できればできる前に予防したいですよね。ニキビ予防が期待できる予防策をいくつか紹介しますので、乾燥肌のニキビに悩んでいるあなたは今日から実践してみましょう!

6時間以上の良質な睡眠をとる

肌の調子と良質な睡眠は切っても切れない関係にあります。私たちの肌では寝ている間に成長ホルモンが分泌されることによってターンオーバーが起こっているため、睡眠を十分にとることは肌がうまく生まれ変わるために必須なのです。

また、だらだら長時間睡眠をとるよりも良質な睡眠をとることが非常に重要です。特に肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から夜中の2時にターンオーバーが活発になると言われていることから、この時間帯にぐっすりと熟睡することが肌の調子を整えるためにとても大切とされています。

寝る前の深酒や夜更かし、カフェインの摂取などは寝つきを悪くしてしまう可能性もあるのでなるべく控えましょう。寝る前には音楽を聴く、アロマを炊いてみるなどリラックスできるよう心がけ良質な睡眠をとるようにしましょう。

できるだけ和食中心の食生活にする

洋食にはどうしても動物性の脂質や油分が多く含まれていますので、肌トラブルで悩んでいるときにはできるだけ和食中心の食生活を心がけましょう。和食には食物繊維やミネラル分が多く含まれている食品が多いため、体の内面からの肌トラブル解消が期待できます。

特にミネラルが豊富な海草類や水溶性の食物繊維が豊富な根菜類、ビタミンが豊富な緑黄色野菜などを積極的に摂取するようにしてみましょう。またお味噌や納豆などの発酵食品には酵素が含まれており、腸内環境を整えるのに効果的ですので、そちらも併せてメニューに加えてみてください。

便秘解消・便秘予防を心がける

便秘になると悪玉菌が腸内で増殖し毒素が血液に溶け出して皮膚に悪影響を与えるため、ニキビなど肌トラブルが出やすくなってしまいます。肌の調子を整えるためには便秘予防・便秘解消が非常に重要です。

まずは糖質がない水分を多く取るようにしましょう。内蔵を冷やさないためにも氷水や冷やした水よりも、白湯や常温の水のほうが好ましいですね。また、適度な運動や食物繊維を摂取することで腸の蠕動運動を活発にしなるべく便秘にならないよう予防にも取り組んでみてください。

正しい方法で乾燥肌とニキビどちらも改善!

肌はとてもデリケートで、体内の不調を知るバロメーターの役割も果たしてくれます。乾燥肌やニキビに悩んでいる方はまずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

正しいケア方法と予防方法を知ることで肌の調子がみるみる良くなる可能性があります。是非今日から乾燥肌とニキビのケア方法を試して、乾燥もニキビもない肌を手に入れちゃいましょう!

スポンサーリンク